【糖質オフ&プチ断食】開始1日目

 【糖質オフとプチ断食のダイエット効果を自身の体験にて検証】

糖質オフ×プチ断食を確立した医師清水泰行先生の本を参考にダイエットスタート

 

ルールはこの2点で簡単

・糖質オフ=1日の糖質量を130g以下にする

・プチ断食=朝食を抜いて15時間は食べない時間を作る

 

ということで、昨晩の夕食は7時頃に食べたので、そこから15時間は食べない時間を作るとして、当然朝食は抜く。

昼食は昨夕の食事から15時間後の11時にとりました。

昼食に食べたものと今日の体重

(昼食前に測定) 体重54.7kg

(昼食)

納豆

味噌汁(豆腐・わかめ・薩摩芋・薄揚げ)

サラダ(レタス・プチトマト・ゆで卵 ごまドレッシング)

八宝菜風炒め物(白菜・にんじん・しいたけ・えのき・ウインナー)

白米75g

 

八宝菜風は冷凍してある豚こま肉があったのですが、自分の昼食用に少量解凍して使うのが面倒だったため、ウインナー1本だけ切って豚肉代わりに炒めました。

家族の晩御飯にはちゃんと豚こま肉で作ります(汗)

八宝菜風炒め物の作り方

①人参は薄切りに白菜、えのき、しいたけも食べやすい大きさに切る

②油を熱したフライパンでウインナー、野菜を炒める

③中華あじ・醤油・酢を各小さじ1

④酒・みりんを各大さじ1

⑤仕上げに片栗粉を水で溶いたものを適量でとろみをつけごま油で香りづけしてできあがり

 

ポイントは上にも書いた

・糖質オフ=1日の糖質量を130g以下にする

・プチ断食=朝食を抜いて15時間は食べない時間を作る

の2点だけ守ればいいのだけど、15時間何食べないルールについては単純明快

昨日の最後の食事が10時の人なら、昼食はゆっくりめの1時に食べればいいし、18時に夕食を食べた人なら9時とか10時には食べていいことになる。(らしい)

でも18時に食べ終わっている人のほうがめずらしいと思うのでだいたい19時くらいからの計算でいいのかなと思うし、昼食を10時とか中途半端な時間にとれる人も少ないだろうから、ここは15時間以上あけるというルールに基づきお昼まで何も食べないというイメージで。

そして、わかりにくいのが糖質オフのほう

白米130g以下といわれてもイメージしにくいと思うので、これはだいたいの目分量を感覚で覚えてしまおう。

ごはんの分量は自分が普段使っているお茶碗の半分の量にする感じ。

今日はスタート初日なので、律儀にグラム数計りました。

75gきっちり計って食べてました。

何事も最初が肝心(笑)

慣れてくればだいたいの目分量でお茶碗半分くらいを入れる癖をつければいいと思います。

これが一食分のご飯の量です。

覚えましょう。以下清水医師の本の写真を参考に。

引用 株式会社主婦の友社 PRTIMES (2020)

監修ドクターも18kgやせた!糖質オフと“15時間食べない”プチ断食のW効果でやせる|株式会社主婦の友社 のプレスリリース (2021.1.13アクセス)

 

でも、飽食の時代に生きる現代人の悩みも大変ですね。

わざわざごはんの量をコントロールしないといけないとか。

今はコロナ太りもありますし、

糖質の取りすぎで血糖値があがると、太りやすいという仕組みらしい

現代人は糖質をとりすぎているようです。

甘くておいしい加工食品ばかり売っていて簡単に手に入りますしね。

コンビニやスーパーで売られている菓子パンやスナック菓子や洋菓子などのスイーツは安価でついつい買ってしまいます。

加工食品が簡単に食べられる時代なんで。。

食べすぎて太るからダイエットをして。

食べなきゃいいんだろうけど、こんな飽食の時代の現代人には難しい環境なのでしょう。

 

 

HSPの高い5つの能力

HSPは能力がとても高い

HSPとはHighly senstive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)の略で、米国心理学者のエレイン・N・アーロン博士が1996年に提唱した概念。

医学的な診断名ではありませんが、様々な研究によって、HSPの人々はどの社会にも人口の20%くらいの割合でいること、生まれ持った脳の特質であることがわかってきています。

先祖から受け継がれて生まれついた気質です。

HSPの人たちは今まで、神経質なことや弱虫なこと、気が小さい事、恥ずかしがり屋なところ、内気で引っ込み思案なところを自分のダメなところとして責めて生きてきたことでしょう。

しかし、HSPの研究が進むにつれてHSPのこういった特徴が気質によるものであり、生まれつきの性質であることがわかってきただけでなく、HSPのもつ素晴らしい能力の部分にも注目されるようになってきました

HSPは自分自身を肯定する必要がある

自分を認めるようなプラスの思いをつねに自分自身に投げかけましょう

 

使い方と生き方を選ぶことによって、HSPは才能でしかないということをまず知ることです。

HSPの能力①【直観力とひらめき】

HSPは脳のしくみから直観力が強いと言われています。

HSPの特徴を持つ個体はあらゆる生物にも一定数存在することがわかっており、HSPの個体は慎重でかつ危機管理能力がとても高いです。

HSPの人たちの脳は、HSPでない普通の平均的な人よりも多くの情報、外界の細部の情報をほとんど残すことなく吸収して処理しています。

さらに吸収した情報をより深く長く考えるのような中枢神経系の特徴になっています。

たくさんの外部の情報が自然に入ってきてそれを頭の中で長く考える。

また、現在受け取った刺激からの情報だけでなく、今までに経験した全ての情報も持ち出してきて脳は処理します。

これはHSPの個体が種の絶滅を防ぐため、生命を守るため、生き残りや進化の過程で獲得してきた特別な能力なのかもしれません。

人間が普段意識している記憶はごく一部で実は無意識化には膨大な記憶が眠っていると言われます。

それは生まれる前からの記憶ももちろん、もっといえば原始生命体の時代から38億年かけて進化してきたすべての情報が遺伝情報に刻まれていると言います。

これら意識下の無限の情報を瞬時に選び出して答えにたどりつく、本質にたどり着いてしまうという脳の特徴をHSPは持っているようです。

 

HSPの能力②【共感力】

周りのことによく気が付いていて観察能力とか洞察力が大変高くさらに深く物事を考えるHSP。

感覚刺激に敏感に反応し、直観力にすぐれ、また、鋭い観察力によって、他人が気づかない小さな変化も敏感に感じ取ります。

HSPの鋭敏で豊な感受性は共感力としても発揮されます。

誰かに相談をもちかけられたり相手の悲しい話を聞くと、胸がつまって涙してしまうこともしばしば。

同様に他人の嬉しい話や幸せな話を聞けば本人と同じように自分まで嬉しくなったり。

相手に対しての共感は言葉や理屈など表面的なことだけでなく、相手の立場や気持ちが身に染みてわかるということです。

相手を思い遣る優しさはHSPの素晴らしい共感能力からきているようです。

HSPの能力③【美的感受性が優れている】

 美しいものを美しいと感じ、自然や風景の情緒を深く感じ取れることもHSPの特権ではないでしょうか。

可愛らしい小動物を見てときめくほどに愛らしいなと感極まったり、美しい音楽を聴けば心震えて突然涙しそうなほど感動したり、綺麗に色づいた夕暮れの空を見てしみじみと見とれて感傷にふけることもしばしば。

HSPが神経質で敏感で生きにくいと言われているのは、あらゆる刺激に敏感に反応してしまう脳の性質からきています。

騒音に耐えられなかったり、上司が誰かを怒鳴っていることが辛くてたまらなかったり、良くない刺激や環境に耐えられないのは、良くない環境や刺激に大きく影響され呑み込まれてしまうからです。

しかし同じように良い刺激や良い環境にも普通の人以上に大きく反応するのがHSPです。

HSPが環境を選び、良い刺激を受けられるような場所に身を置いている場合は、普通の人以上に成長し能力を発揮し幸せに生きることができるというのことはこのことです。

HSPの能力④【年齢を重ねるごとに利口者になれる力】

いろんな情報を大量に収集してそれを常にいちいち深く考えているHSPは、当然のことのように経験したことから得られる情報も普通の人より格段に増えていきます。

これは年齢を重ねれば重ねるほど利口者で能力も高くなる傾向にあるということです。

もともと勤勉で向上心がありよりよく生きようとするHSPは、知的能力も高く知識の量も普通の人よりはるかに多いものです。

体力面やストレス耐性はとても弱く普通の人以下ではあっても頭を使うことにおいてははるかに勝てることの方が多いでしょう。

HSPの能力⑤【幸せを感じとり幸せに生きる力】

感受性が高く鋭いということは、周りの環境から得られる全ての情報を精査し細かい問題点にまで全て気づいてしまうということ。

また自身の体調の変化にも気づくことができ、自分の内面のことも日々深く考察して把握しています。

普通の人が問題に気づいていないか放置して見過ごしているなか、HSPは問題にいち早く気づき決して見逃さず普段からそれと向き合い続けている。

不快なもの、おかしいなと感じる心、危険や怪しい物事を敏感にキャッチして事前に避けたり、自分の周りの人間関係や人の機微も敏感に分かるので、大きなトラブルになる前に対処解決できてしまうのです。

HSPはよりよく生きるため、良い方向へ、自分と自分に関わる人たちが気持ちよく快適に過ごせるよう細かな部分まで配慮し、またその日々の営みをコツコツ繰り返しやることをいとわないものです。

また、HSPは派手なことをしなくても日常の中で小さな幸せをたくさん見つけて深く味わい幸せを目一杯感じ取ることができます。

平凡さの中に幸せを感じるタイプなので、生きる環境さえまちがわなければHSPは普通の人よりも幸せに生きられる傾向にあると言えるでしょう。